自宅で行う事ができるムダ毛処理のおススメの方法とは?

日々の生活の中で、面倒だと思いながらも行う必要があるムダ毛処理。入浴中にカミソリで行う人や電気シェーバー、専用の脱毛器を使用して行う人。その他、除毛クリームなどを使用する人など、様々かと思います。

このように、自宅で行うムダ毛処理方法には、いくつもあり、そして、その方法は、人それぞれとなっているのです。

しかし、そんな、決まったムダ毛処理方法を続けている人の中にも、「いつもの方法で、良いのだろうか?」「もっと、良い方法があるのでは、ないだろうか?」などと思っている人も多いのではないでしょう?

とは言っても、カミソリの場合、安くて使い勝手が良い。また、簡単にムダ毛処理を行う事ができる一方、肌を傷めてしまう危険性やすぐに伸びてきてしまうなどといった、メリット、デメリットがあります。

同じようなもので、電気シェーバーもあり、この場合、購入する際に費用がかかってしまいます。
その他、専用の脱毛器の場合は、脱毛していくと言う事で、カミソリなどのムダ毛処理とは違い、綺麗にムダ毛処理を行う事が可能になっています。しかし、機械と言う事で、購入する際に費用がかかってしまいます。

また、除毛クリームの場合は、カミソリに比べると少し高くなっていますが、その分、一度行うとムダ毛が生えてくるまでの持続性は高くなっています。しかし、薬品を使用している為、肌を傷める危険性が高くなっています。

それぞれ、メリット、デメリットのある自宅で行うムダ毛処理の方法。その為、一概にどの方法がベストかと言う事は、難しいものの、出来るだけ、肌に良いものを選ぶ事をお勧めします。

例えば、カミソリの場合は、専用のクリームを塗ったうえで剃ると言う事や除毛クリームの場合は、回数を決め、何度も使わないようにするなどといった事が必要になってきます。

その中でも、毎日のように使用したとしても、さほど、肌に負担を掛ける事が少ない、電気シェーバーは、最適なムダ毛処理方法になっているかと思います。

電気シェーバーの場合、刃が直接肌に当たらないなどといった工夫もされている為、肌を傷める心配も軽減され、安心して使う事ができると思います。

また、価格も安いものであれば、カミソリを何度も購入する事に比べ、最終的には、気にならない価格になるかと思います。

脱毛サロンと脱毛クリニックの違い

脱毛サロンも脱毛クリニックもどちらもムダ毛処理してくれるという点では利用目的は一緒です。

ですが両者は明らかに違う点があります。それは脱毛方法と脱毛効果です。脱毛サロンで使用されるのは光脱毛マシーンという光をフラッシュさせながら毛根からムダ毛が抜ける施術方法で特徴は痛みが少ないことや広範囲の照射が可能なので全身脱毛には特に便利です。

また費用も安いので学生さんでも全身脱毛が手軽にできるというメリットもあります。一方脱毛クリニックでは、使用される脱毛マシーンは光脱毛よりもさらに強力なパワーを持つ医療レーザー脱毛機になります。

これは非常に強い出力なので脱毛サロンなどの脱毛士では取り扱いができず、脱毛クリニックのような医師が常駐している医療機関のみが許可されている脱毛方法です。

脱毛効果は非常にたかくレーザーが毛根部の毛の再生組織を破壊していくので、ほぼ永久脱毛が可能だという点がもっとも大きなメリットだと言えます。

デメリットとしては強力なレーザー照射なので施術時の痛みがかなりあるという事が挙げられます。また高額な費用も負担になる事が多いでしょう。

脱毛サロンでも脱毛クリニックでもそれぞれ一長一短があります。

ですからどちらで脱毛施術を受けるかは、その個人のニーズがどういった事かによって左右されることになります。例えば全身脱毛をしたいと思ったら脱毛サロンでは月額でだいたい一万円前後でほぼ全身の希望箇所の脱毛ができますが脱毛クリニックでは20万円から50万円かそれ以上という高額な施術費用がかかります。

経済的負担という点から言えば、やはり脱毛クリニックは万人向けではないかもしれません。しかし、脱毛効果が脱毛サロンと比較しても全く違ってきます。

脱毛クリニックで脱毛を完了すると、ほぼ永久的にムダ毛の発毛が抑えられるので、その後ムダ毛の処理をする必要が無くなります。しかし脱毛サロンですと、一旦全身脱毛施術を終了しても、人によってはまたムダ毛が生えてきてしまうケースが非常に多いのです。

これは光脱毛の限界とも言えます。脱毛サロンは、一旦ツルツルお肌になっても、またムダ毛が生えてきてサロン通いを始めなければならない事が多いので結局二度手間、三度手間になり、費用もかさんでしまうので結果的に脱毛クリニックでかかるコストとそれほど変わらなくなるという意見もあるほどです。

以上をじっくり比較検討した上でサロンかクリニック、どちらで脱毛をするかを決定した方が良いでしょう。 

脱毛サロンはブラック職場!?華やかさの裏にある苦悩について

脱毛サロンで働きたいという女性も多いのではないでしょうか?

エステティックサロンは美の骨頂ともいえますし、美意識を高く持つことは求められるものです。女性である以上、美しくありたいという欲求はあるものでしょう。

もちろんサロンで働くことによって、そういった技術を学ぶこともできますので、憧れの職種とも言われる理由ではないでしょうか。

しかし、実際に働いてみるとノルマがきついといった声も上がってきます。エステサロンはもちろんのこと、脱毛サロンも競争の激しい業界です。研修期間こそノルマはないものの、お客様の施術をするようになれば、どうしても売上ノルマが課せられるサロンも多いようです。

脱毛サロンの場合には、アフターケア化粧品の販売や、新規コースの勧誘・成約などがあるようです。脱毛技術よりも、スタッフの営業活動を重視するサロンもあるようです。

とはいえ、ノルマを課さない脱毛サロンもありますので、求人情報や面接などの際によく確認してみると良いかもしれません。

女性職場ならではの人間関係の複雑さ

脱毛サロンなどの施術スタッフというのは、女性の美を司る仕事ですので憧れている女性も多いはずです。

しかしながら、脱毛サロンに限らず女性ばかりの職場では、独特の人間関係が築かれやすいものです。上司も同僚も部下も女性です。

どうしても、陰鬱な雰囲気が潜みやすいですし、何かのきっかけで標的とされてしまうと抜け出すのがなかなか難しいとも言われています。

仕事が出来過ぎてもダメ、出来なくてもダメ。容姿が端麗過ぎてもダメ、悪くてもダメ。

嫉妬や妬みというものも、歪んだ形で表れやすいとも言われます。

女性同士の基準というものが、何をボーダーラインとしているのかというのがとても分かりにくく、人間関係が難しいと言われる理由でもあります。

女性だけの職場で難しいと言われるのが、そこに築かれている人間関係というものが表面からでは分かりにくいからこそ、内側に入ってみて初めて気付くことが多いということです。

実際に退職する半数くらいの人が、本音としては人間関係に疲れたと挙げるとも言われています。

また、脱毛サロンで働く女性の退職理由として一番多いのは、やはり結婚や出産などライフスタイルの変化と言われています。

華やかな世界であるとも言われますが、実はとてもハードな仕事でもあります。お客様の人数に対してスタッフはギリギリの人数であることが多いので、長時間労働になりますし、忙しい毎日の連続です。平日はどうしても遅くまでオープンしているサロンが多いですし、土日祝日こそお客様が増えるものです。

なかなかお休みが取れないというのが実際に働いている人の声でもあります。さらに、エステ業界は常に新しい情報で満ち溢れています。

お客様へのカウンセリングなどを受け持つようになると「美」というものに対する最上級での知識提供が必要です。

そのため、業界で働き続けるためには膨大な量の勉強が必要になると言われています。

家庭と仕事の両立と考えた時、または妊娠や出産などを機会に、働き続けるのが難しいという答えを出す女性が多いようですね。

脱毛前の無料カウンセリングで注意するべき2つのポイント

エステでカウンセリングを受ける女性

どんな脱毛サロンで、どんな施術を受けるにしても必ず行うことになるのが、カウンセリングです。

つまり契約前に此方のニーズを伝えたり、あちらのサービス内容をレクチャーしたり、場合によっては勧誘があったり・・・

できるだけ契約前に疑問点をクリアにする意味でも、カウンセリングは大切なプロセス。

ですが、受け身の姿勢で主導権を握られてしまう進行は歓迎できません。ここで、カウンセリングを受ける時に注意しておきたい2つのポイントを纏めました。

①巧みな勧誘に惑わされないこと

脱毛サロンでは、契約をする前に必ずと言って良いほど無料のカウンセリングを行います。

このカウンセリングは、脱毛についてや毛の仕組みなどを教えてもらったり、疑問や不安に思っていることがあれば聞く事ができる大切な時間なので必要不可ではあるものの、すべての脱毛サロンが優良というわけではないので気を付けなければいけないこともあります。

今の脱毛サロンは無理な勧誘をしないと謳っているところがほとんどなのですが、勧誘というわけではなくおススメのプランなどを紹介することはどこのサロンでも行われています。

しかしながら、巧みな言葉で勧誘をしてくるスタッフがいないわけではありません。その場で言われるがまま契約をしてしまって家に帰って後悔するというケースも実際にありますので、巧みな勧誘に惑わされないようにしましょう。

勧誘に惑わされないようにするためには、自分が脱毛に求めることは何か、どこの脱毛をしたいのか、どこまで費用を出せるのかを明確にしておくことが大切です。

②できるだけその日にハンコを押さないこと

無料カウンセリングを受けたからといって、必ずしもその場で印鑑を押さなくてはいけないと決まっているわけではありません。

家に一度持ち帰って検討した上で再度来店して契約しても全く問題はないのです。

ですから、すでに決めているという以外はその日に印鑑を押さず、検討する時間を作るようにしましょう。現在は、クーリングオフ制度というものがあって契約日から8日以内であれば、契約したものをなかったことにすることができます。

ですが、クーリングオフ制度を利用することができるケースとできないケースもありますし、本来は利用しないに越したことはないので、すぐに印鑑を押すようなことは避けた方が賢明です。

勧誘されなくても、格安で脱毛できるキャンペーンなどを勧められたら、契約しなくてはいけない気がしてしまうこともあります。

脱毛サロンのスタッフはその道のプロですから、どうやったら魅力的な内容と思ってもらえるのかもしっかりと研究しています。ですので、その言葉で気持ちが揺らいでしまって、本来するつもりがなかったプランや脱毛部位の契約をしてしまう方もたくさんいます。

せっかく脱毛するのですから後悔しないためにも、自分の意志をしっかりと持ち、断る勇気も大切です。断ったところで無碍にされるような脱毛サロンなら、こちらからお断りすればいいのです。

これが、腕のムダ毛の特長!脱毛に必要な回数は?

女性の腕のムダ毛の特徴ですが、一般的にはそれほど濃い部分ではありません。もちろん個人差もあってかなり濃い人もいますが、少数派になります。

とはいえ腕毛というのはとても目立ちます。特に夏場などになって肌を露出する季節になると、長袖をずっと来ているわけにもいかずに半袖になるので視線が届きやすくなって目立つのです。ですから、お手入れは欠かせません。

お手入れの方法としてベターなのは脱毛サロンやクリニックで脱毛してしまうことです。そうすれば剃り残しや肌トラブルといったことが回避できます。ただ、1回の施術では脱毛が完了しません。なぜなら毛周期というものがあるからです。

毛周期は簡単に言うと、現在生えてきて成長しているムダ毛とまだ体内に眠っていて生えてきていないムダ毛のヘアサイクルのことを言います。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で処理できるのは成長期のムダ毛で休止期のムダ毛には反応しません。

つまり、休止期のムダ毛が成長期になったときに処理をしていかなければ完全に脱毛できないのです。女性の腕の場合は毛周期が成長期と休止期がともに3~4ヶ月と言われています。

■脱毛に必要な回数は

脱毛サロンのフラッシュ脱毛器で腕を脱毛してもらった、場合必要な回数はだいたい12~18回くらいの施術で脱毛が完了します。回数にかなりの開きがあるのはムダ毛の量に個人差があるからです。

フラッシュ脱毛の場合はレーザー脱毛よりもレーザー出力は低めなので、どうしてもムダ毛が濃い人の場合はかなりの回数を要するのです。

期間はどれくらい通えばいいかですが、例えば12回通うとなるとだいたい2年かかります。つまり2か月に1回ほどの頻度で通う計算です。1か月に1回の施術ももちろん可能ですが、毛周期などの関係から詰めて施術しても最終的に脱毛が終わるは同じくらいになる場合がほとんどです。

だいたい2か月に1回のペースでコンスタントに脱毛サロンに通い続けることで、休止期にあったムダ毛が成長してフラッシュ脱毛器で処理ができるようになるのです。

ですから早く脱毛を完了したいと思っても、その人のムダ毛の毛周期や毛量などが関係してくるので早めることは難しいのです。

■こんな自己処理はダメ

腕のムダ毛の自己処理で多いトラブルは、カミソリ負けです。カミソリは手軽に剃れるので便利ですが、皮膚の角質まで剃ってしまうために肌が弱くなってしまいます。

定期的に剃ることでカミソリ負けしてヒリヒリと赤みを帯びてしまうようになります。また、さらにひどくなってくると黒ずんできて色素沈着を招いてしまう恐れがあります。

次に、腕のムダ毛の自己処理トラブルで多いのが、埋没毛です。これは毛抜きを使った場合に起こるトラブルです。毛抜きを使ってムダ毛を抜くと、毛穴や皮膚が傷つきます。この傷を治そうとして薄い膜が皮膚に張るのです。

そうすると、新たに生えてくるムダ毛がその薄い膜を破けずに皮膚の中で埋没したまま成長して埋没毛となってしまうのです。また、毛抜きによって肌に傷をつけてしまって紫外線がその場所に当たることによってシミになってしまうこともあります。

カミソリや毛抜きによる腕のムダ毛処理は簡単にできるのですが、肌トラブルの危険性も非常に高いので注意が必要です。

脱毛施術後にしてくれるアフターケアってどんなの?

サロンによって若干の違いはありますが、脱毛サロンでは脱毛施術後にクールダウンや保湿などのアフターケアを施してくれます。例えば、クールダウンとして水を絞ったタオルを冷たくして肌の上に乗せたり、専用の保湿ローションを塗って対応してくれるところが多いです。

実は、施術後のアフターケアはすごく重要で、施術で熱を持って痛んでいるお肌につめたいタオルは重要です。お肌が熱くなっているので冷たいタオルで冷やすと気持ちよく眠ってしまう人がいるくらいです。

家で行っても良いのですが、はやり、施術後すぐが重要でサロンで行った方が心も落ち着くのでアフターケアが充実しているお店を選ぶ事も大事です。また、全身脱毛コースは1回の施術で1~2時間くらいかかるので寝ているだけでも疲れてしまいます。

ですので、サロンによっては冷やす以外にマッサージをしてくれるところもあります。マッサージも疲れた体には気持ちが良いのでやってくれるところが良いです。脱毛サロンといってもたくさんのお店があるのでもし、迷ったらアフターケアが充実しているところを選ぶのもオススメです。どんなアフターケアをするのか是非調べてみてください。

■銀座カラーのケア内容
銀座カラーという脱毛サロンはアフターケアに力を入れているところです。銀座カラーはが独自で考えたオリジナル保湿ケアをしてくれるので脱毛後でもお肌を出来る限りケアしてくれます。

どのようなケア方法かというと、ヒアルロン酸、コラーゲン、天然ハーブをはじめとする6種類の美容栄養成分を保湿マシンで高圧噴射、肌の火照りをしっかりとクールダウンして、お肌をたっぷりと潤わせてくれます。このアフターケアのおかげで肌荒れのしにくい健康的な素肌に導いてくれるのでとても安心です。

また、ひんやりと心地の良いミストシャワーは、特別な機械を用いて行うので手で塗るのとは違う心地よさを感じる事ができ、銀座カラーならではのアフターケアを行ってくれます。そして、保湿クリームは、ヒアルロン酸やコラーゲンのほかに皮膚科がオススメする、皮膚科医ドクターと共同開発して作られた美容成分が含まれているのでお肌にとても優しいクリームになっています。

さらに、サロンだけではなく、おうちケアも実際にサロンで使用している保湿クリームでケア出来る様に用意しているんでサロンと家両方で保湿のケアをしてくれます。銀座カラーはアフターケアが充実しているとてもオススメのサロンです。

■ジェイエステティックのケア内容
ジェイエステティックのアフターケアは、お肌のトラブルを少なくするために、念入りなアフターケアを用意してくれています。脱毛後は肌が少しほてった状態になっているのでクールダウンするためにジェルシートを当てて肌温度を下げて、毛穴を引き締めてくれます。

その後には、お肌を鎮静させるためと、保湿をするために、ヒアルロン酸トリートメントを行ってくれます。ヒアルロン酸が入った保湿クリームなのでお肌はしっかりとケアされ、さらにスベスベになります。お肌を冷やす事と保湿をすることで施術後のお肌のトラブルを最低限減らしてくれるので安心して施術を受ける事が出来ます。

トラブルを防ぐだけでなく、お肌をスベスベにしてくれるので女性としてはとても嬉しいのではないでしょうか。また、ジェイエステティックの特徴は、3年間の脱毛で効果が得られなかった場合は、さらに5年間は同じ施術が受けられるというアフターケアも用意してくれています。

これは、ジェイエステティックの大きな特徴なのでもし、効果が出なかったらという不安がある人はジェイエステティックでの脱毛をオススメします。アフターケアがしっかりしているサロンでの脱毛の方が安心するのでもし、迷っている人はジェイエステティックをオススメします。

月額制の脱毛プランはこう選ぶ!注意したいポイントとは・・・

お金を計算する女性

薄着になる夏場に向けて脱毛をする女性は多いでしょう。脱毛をするためには、いくつかの方法があります。その中でも、脱毛サロンや美容形成外科クリニックでの医療用脱毛は人気があります。

気になるのはその料金や支払い方法です。脱毛サロンや美容形成外科クリニックでの医療用脱毛は、決して安くないお値段です。途中でサロンやクリニックに通うことが出来なくなったとき、一括の支払いだと不安があるでしょう。

そういうときに便利な支払い方法なのが、「月額制脱毛プラン」と呼ばれるものです。この支払い方法は、脱毛の効果が感じられなかったり、脱毛施術の傷みが原因で脱毛を定期的に続けることが難しい人におすすめです。契約に縛られることがないので、途中で脱毛を止めることが出来ます。

これなら、脱毛サロンやクリニックに通い続けることを不安に思う人でも安心して通うことが出来ます。高い料金を支払うわけですから、こうした支払い方法を選択出来ることは良いですね。

月額制脱毛をするうえで注意すべきポイントは、脱毛の施術を受けられない月にも支払いが発生してしまう点です。

どういうことかというと、脱毛した後は次の施術まで一定期間時間を置く必要があります。脱毛施術を受けるためには必要な期間です。そうすると、施術を受けていない期間中にも料金が発生してしまうことになるのです。

脱毛にかかる全額分を月額で割って支払う方法もあります。この方法では、途中で脱毛を止めたくなり解約すると、手数料がかかるサロンやクリニックがあります。しかし、この場合はメリットもあり、施術に必要な料金分しか支払わなくても大丈夫です。

どちらにも良いところと悪いところがあります。トラブルを防ぐためにも、カウンセリングでは支払い方法をしっかりとスタッフに相談しましょう。良心的なサロンやクリニックならば、あなたの話を聞いてあなたに合った料金プランを説明してくれるでしょう。カウンセリングで対応がしっかりしていないサロンやクリニックとは契約しない方が賢明です。

月額制プランはもともと全身脱毛だけだったのが、最近は腕や足、デリケートゾーンだけといった部分的な脱毛プランにも適用されています。こうした部位プランなら総額は全身より安いので、より手軽に月額料金で利用することも可能。

おすすめサロン情報については、以下の情報サイトがわかりやすくまとまっていたので紹介しておきますね。

腕と足の脱毛が安いサロンはココ!【通い方別の最適プランは】

月額プランを提供しているサロンはいくつかありますが、その中でもおすすめなのが「キレイモ」です。
キレイモは大手の脱毛サロンとして有名です。月額プランも一般的なもので、途中で脱毛を止めたくなったときでも対応してもらえます。自分の都合に合わせて止めたり脱毛したりが出来るところが良いでしょう。

キレイモは全国に支店があるため、あなたの通いやすいところにある支店を探し出せます。脱毛は定期的に通う必要がありますから、通いやすいところを選べるのは嬉しいですよね。

カウンセリングでは無理な勧誘はしていません。自分に合っていないと感じた場合は断ることも出来ます。

使っている脱毛マシーンは、国内最新版で高い脱毛効果が期待出来ます。脱毛をする部分を急激に冷やして施術を行うため、脱毛特融の痛みを感じにくいようになっています。痛みに弱い方でも安心して施術を受けることが出来るでしょう。施術スタッフも研修を受けていますので、高い脱毛技術を持っています。

脱毛サロンはタトゥーは門前払い!?まだまだ他人の目も厳しい

タトゥーのある美女
Fashion portrait of elegant woman with magnificent hair. Brunette girl. Perfect make-up. Girl in elegant dress. Flash tattoo gold

基本的に脱毛サロンにおいて、タトゥーがある部分への施術は行う事ができないと言う事になっています。
特に最も一般的なフラッシュ脱毛の場合、メラニン色素である黒い部分にエネルギーを与え、脱毛を行う仕組みになっている為、タトゥーの色素にも強く反応してしまいます。そうする事で、タトゥーの部分がやけどしてしまう危険性も高い事から、タトゥーがある部分へのフラッシュ脱毛の施術は行う事ができないと言われています。

その為、タトゥーがある場所の脱毛の場合は、ニードル脱毛を行う事が一般的になっています。ニードル脱毛の場合は、毛の1本1本の毛に針を指し、電流を流す方法になっている為、タトゥー部分でも避ける事ができ、脱毛を行う事が可能になっています。
フラッシュ脱毛のように、一度に広範囲への光をあて施術する方法とは違い、細かな手作業で施術を行うニードル脱毛だからこそ、行う事ができる方法になっています。

このような事から、タトゥーがある場合は、フラッシュ脱毛とニードル脱毛の併用がお勧めです。

一度、入れてしまったタトゥー。もちろん、除去する事は可能になっています。多くの場合、美容整形などで除去する事になっており、方法としては、レーザーで焼く方法、切除縫縮、剥削、皮膚移植になっています。

まず、レーザーを使って除去する場合、繰り返しレーザーを使用する事で、徐々にタトゥーを薄くする事が可能になっています。次に切除縫縮の場合は、皮膚を切り塗って合わせる事でタトゥーを切り取る方法になっています。ただし、この場合は、小さなタトゥーであるといった条件が必要になってきます。

剥削の場合は、皮膚の表面を削り取ってタトゥーを消す方法となっており、皮膚移植においては、太ももやお尻と言った場所から皮膚を取り、その皮膚を移植する事で、タトゥーを除去する方法になっています。
このように、タトゥーは美容整形で除去する事が可能にはなっているもののタトゥーの大きさや形によっては、完全に除去する事が難しい場合や大きな手術が必要になってくる場合があると言えるのです。

タトゥーと聞くと、刺青と言う言い方とは違い、おしゃれな感じが強く、おしゃれの一環として入れる人も多くなっています。とは言っても、日本では、まだまだ、タトゥーへの理解が少なくなっているのが現実です。

例えば、温泉やプールと言った公共の場で裸になるような場合、タトゥーがある事で入る事ができない施設がほとんどです。また、タトゥーの場所によっては、夏場でも長そで長ズボンで隠さないと行く事ができない場所もあります。

日本の場合、タトゥーへの認識は、おしゃれアイテムと言う事ではなく、イメージが悪い人が入れる物と言うイメージが強く根付いている文化の国になっています。その為、海外の有名人のような感覚でタトゥーを入れてしまうと生活がしにくい状態になってしまうのです。

その他、脱毛サロンでの脱毛が出来ない他、人間ドックなどでも必要な検査であるMRIの検査もタトゥーがある事で受ける事が出来ない場合もあります。これらは、どちらもタトゥーに機器が反応してしまい、火傷などの危険性が高くなる為だと言われています。

脱毛の歴史はアメリカから!?メジャーな光脱毛の特徴について

自由の女神

今や全世界の女性の味方と言っても過言ではない脱毛サロンですが、その起源や現在のような脱毛サロンがいつ頃から存在するようになったのか、多くの方は疑問に思っておられると思います。

そこで脱毛の歴史を辿っていきますと、1900年初頭にアメリカで電気脱毛器が発明され、それと共にじわじわと世界中に広がっていきました。日本においては1970年代に入って電気脱毛器が外国から入ってきて、エステサロンにて電気脱毛技術者が施術を行うというスタイルが浸透していきました。2000年代に突入すると、日本のエステ業界に光脱毛の技術が入ってきたので、急激にエステサロンも増加していきました。

日本での本格的な脱毛サロンの始まりは、1976年にTBCがサロンを立ち上げた時から始まりました。その後、日本全国的に脱毛サロンが広がっていって、様々なエステサロンが誕生していったと言うわけです。

光脱毛は別名、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。現在多くの脱毛サロンで取り入れられている光脱毛ですが、いくつかの特徴があります。

まず光脱毛の原理としては、可視光線を脱毛したい箇所に当てることで、その部分の毛根組織を破壊し、毛の再生を抑制していくことが出来ます。とは言え、永久脱毛の効果が高い医療用のレーザー脱毛と違って、光脱毛は出力が弱く毛を完全に脱毛することは難しいというポイントもあります。

しかしながら出力が弱い分レーザー脱毛よりも痛みが少なく、脱毛初心者でも安心して施術を受けられるというメリットがあります。

しかも多くの脱毛サロンで行われているこの光脱毛は、通常レーザーサロンよりも安価で施術を受けることが可能ですし、出力が低い分安全性の面に関してもやけどの危険性など回避できている原状です。

もちろんサロンによって差はありますし、個人差も同時にありますので、一概には言えない現状となっています。光脱毛のデメリットは、出力が弱い分それだけ効果もレーザー脱毛より期待できないと言う点にあります。

脱毛サロンで説明されるポイントとしては、人にはそれぞれもう周期というものが存在します。成長期、退行期と休止期の3つに分かれています。光脱毛で施術される可視光線が有効に働くのは、メラニンが毛乳頭に出てくる成長期のみとなっています。ですからこの時期にしか光脱毛の効果が現れないので、その時期に合わせてサロンに通う必要性が出てきます。

通常その周期は個人差はありますが、2から3ヶ月に一度といった具合です。さらにいえる点としては、脱毛サロンの広告に、永久脱毛を謳っているサロンもありますが、実際のところ現在日本で永久脱毛の効果があると正式に認められているのは、ニードル脱毛のみだということも覚えておかれると良いでしょう。

総合して考えると、光脱毛のメリットデメリットをよく考慮したうえで、自分にいちばん合った脱毛サロン選びが非常に大切だと言うことが分かります。

賢く選んでキレイに脱毛して行きましょう。

脱毛する前のシェービングは忘れずに!ただ実は、無料でしてくれるサロンも・・・

シェービングをする女性

光脱毛をする場合は、施術前のシェービングが必須です。なぜ事前のシェービングが必要になるか、というと、光脱毛の脱毛方式にその理由はあります。

光脱毛は、「黒いもの」に反応し熱を届ける脱毛法。黒いもの、いわゆる毛なわけですが、黒い範囲が大きければ大きいほど刺激が強くなるのです。なので黒くてしっかりした毛が生えている場合、それこそ”バチッ”と衝撃を感じるくらいの・・・つまりは痛みが生じるわけです。

だからこそ施術前のシェービングは必須になるんですね。

脱毛サロンによって基準はさまざまですが、基本的には脱毛の2、3日前にシェービングしてください、というサロンが多いようです。つまり「適度な長さにしておく」ことが大事なんですね。

だけども、2、3日前って簡単なようで難しかったりしますよね。きちんと脱毛の予約の日程を把握しておかないと「忘れてた!」なんてことになりかねません。

■シェービングに最適なのは電気カミソリ

脱毛前のシェービングは、電気カミソリが一番おすすめです。

というのも、カミソリでの自己処理の場合、やはり直接刃が肌に触れてしまうので・・・毛と一緒に肌の表面が薄く削り取られてしまい、肌荒れしやすいんです。

荒れている状態で光を当てると、それもまた肌にとっては刺激となってしまい、肌トラブルの原因になりやすいんですね。場合によっては、肌荒れを理由に施術を断られるなんてこともあるようなので。そうならないためにも注意が必要です。

ちなみに、電気カミソリでシェービングする際は、毛が長すぎると処理しにくいので、一旦ハサミ等で短く切ってからの処理がおすすめです。そうしたほうが剃りやすくなりますし、その分肌にかかる負担も軽減されます。

せっかく脱毛でムダ毛をきれいになくすのに、肌が荒れてしまっていたらせっかくの脱毛が台無しになってしまいます。

肌荒れ防止のためにも、事前シェービングは電気カミソリの処理をおすすめします。

エタラビのシェービングサービス

実は、全身脱毛で有名なエタラビなら・・・VIO以外のシェービングが無料でしてもらえるんです!

剃り残しがあった場合は、店舗のシェーバーで(顔用のものが多いようです)ささっと剃ってもらえるんですよ。他のサロンでは剃り残しの処理でも有料のところが多いんだとか。

どのくらい剃っていけばいいかわからない脱毛初心者にとっては、エタラビはかなりうれしいサロンといえますね。

ちなみに、VIO以外、となっている理由は、衛生上の理由によるものだそうです。確かに、アンダーヘアを剃ったシェーバーを使いまわすのは・・・考えものですからね。思わず納得です。もちろん自分である程度処理していったほうがいいことには変わりありませんが、追加料金がかからない、というのはすごく安心です。

見えにくい部分とか、どうしても剃り残しはしてしまうものだと思っているので。でもエタラビならば安心ですね。